GEヘルスケア売却額が気になる(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年8月26日9:00

金融部門を売却し本業回帰をめざすGEはヘルスケア金融部門を売却することになった。買収するのはキャピタルワン。価格はなんと85億ドル、1兆円を超える。

 

キャピタルワンはこの買収によって将来の成長と増収が期待できるとしている。買収価格は2015年6月末日の残高に6%のプレミアムをつけたものである。

 

GEのヘルスケア金融サービスは、高齢者の住宅改装費用、病院や薬局の開業資金、医療機器購入費用、整形手術費用など、広範なヘルスケア関連融資を扱っている。

 

今回の買収でGEヘルスケア部門の顧客やリスクマネジメントノウハウを手に入れられるとしているが、GEのヘルスケア融資は顧客とのトラブルが絶えなかった。

 

米国では高齢化と健康志向の高まりでヘルスケア市場が拡大している。キャピタルワンはGEの汚点をぬぐいながら、健全なヘルスケア融資サービスの再構築にチャレンジする。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop