Apple Pay豪州で足止め(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年8月29日9:00

世界で非接触決済が最も進んだ国はオーストラリアだ。100豪ドル以下の支払いで非接触決済の割合は50%を超えている。NFC決済端末台数は2014年末で32万台。全端末の39%に相当する。

 

そのオーストラリアでApple Payが思わぬハードルに足止めを食らっている。コモンウェルス銀行をはじめとする大手銀行がApple Payの手数料を問題視しているのだ。

 

米国ではクレジットカードの場合、銀行はアップルに取扱高の0.15%を支払っている。これをオーストラリアの銀行が支払えば、利益が出ないというのがその理由。

 

オーストラリアではカード発行者手数料(IRF)が米国の約半分しかない。さらにオーストラリア中央銀行はIRFを0.3%に引下げようとしている。そうなると半分をApple Payに支払うことになってしまう。

Android PayやSamsung Payは銀行から手数料を取らないスキームを採用した。Visaが推進するVDEPやMasterCardのMDESだ。Apple Payのオーストラリア上陸には、もうしばらく時間がかかりそうだ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop