中国留学生に朗報(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年8月30日9:00

海外留学生向けの学費支払市場に注目が集まっている。ウェスタンユニオンの子会社ジオスウィフト(Geoswift)とユニオンペイ(銀聯)が留学生向け学費支払いで提携した。

 

中国統計局の発表によると、2014年の中国人海外留学生は約46万人。国際教育機関(IIE)はそのうち米国留学が60%と見積もっている。

 

中国学生の米国留学は今後増えるとみて、今回の提携となった。中国からの送金はジオスウィフトが担当。送金サービス利用者に対し、銀聯は医療保険を提供する。

 

米国の医療費は高い。医療保険のない学生にとって、このサービスは魅力的だ。ジオスウィフトは400の大学へオンラインで送金できるネットワークを保有している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop