「Misoca ペイメント銀⾏振込(仮想⼝座⽅式)」を提供開始(ペイジェント)

2015年8月26日9:33

決済代行事業者のペイジェントは、同社が提供する入金照合サービス「消込エクスプレス」において、Misocaの請求書作成サービス「Misoca」と連携し、「Misoca ペイメント銀行振込(仮想口座方式)」を2015年8月25日から提供開始すると発表した。

「消込エクスプレス」は、顧客の決済ごとに個別の口座を自動的に発行することで、振込人の特定作業(消込作業)の負担を軽減させるサービスとなる。従来の消込作業は、指定の銀行口座への入金を1件ずつ照合しなければならず、取引先が多いほど作業量が増加するため、経理担当者の負担となっていたが、「消込エクスプレス」を利用すると、顧客と口座番号が紐付けられるため、顧客と氏名が異なる振込人名や同姓同名のなど振込人の特定が困難な銀行振込でも、スムーズに消込作業を行うことが可能だ。

請求書作成サービス「Misoca」と「消込エクスプレス」が連携して提供する「Misocaペイメント銀行振込(仮想口座方式)」は、初期費用0円で導入が可能だ。「Misoca ペイメント銀行振込(仮想口座方式)」を利用することで、取引先ごとに個別の口座番号を割り振った請求書の作成から、入金があった際の消込作業をスムーズに進めることができるという。

「消込エクスプレス」の仕組み(出典:ペイジェントのプレスリリース)

「消込エクスプレス」の仕組み(出典:ペイジェントのプレスリリース)

 

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop