カード決済で減税(カードBizと僕の勝手気ままログ)

キャッシュレス推進を宣言したインドでは、カード利用に減税措置を検討している。

 

消費者が現金の代わりにクレジットやデビットカードを利用すれば、年間利用金額の1%を所得から差引くというスキームだ。

 

カード利用で所得税が安くなればキャッシュレスが広がる、とインドの財務省はみている。

 

同様にマーチャントにもカード受付けを推進する。年間売上げの50%以上がカード決済という条件をみたしたマーチャントは、消費税が1%から2%安くするという方向で、インド税務局と経済省が検討している。

 

いずれもまだ検討段階だが、2015年末か2016年予算で実現しそうだ。インドのキャッシュレスは掛け声だけでなく、国家政策として普及させようとしている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop