こんなにかかる当座預金口座コスト(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年9月4日9:00

米国の当座預金利用者は大変なコストを支払っていることがわかった。調べたのはウォレットハブ(WalletHub)で、2015年米国銀行の当座預金利用料を比較した。

 

最も高かったところは1年間に800ドル。年間1万円も銀行口座保有の費用を支払っている。日本では考えられない。

 

費用の内訳は、口座維持費用やオーバードラフト費用などである。特にオーバードラフト費用は頭痛のタネだ。当座預金なので当座貸越できるのだが、その費用がかかる。

 

これを回避する最良の方法はプリペイドカードの利用である。プリペイドカードは使いすぎの心配がない。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop