カジノにデジタル決済(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年9月5日9:00

ミシシッピー州ディバービルに、2015年末カジノがオープンする。スカーレットパール・カジノリゾートだ。

 

ディバービル初のカジノで総工費は3.5億ドル。スロットマシンは1,350台、テーブルゲームは45、ポーカールームには10テーブルを用意している。ホテルは300室だ。

 

グローバルキャッシュアクセス(GCA)はこのカジノに対し、すべての決済と現金交換ソリューション、マーケティングを提供することに決まった。

 

GCAはラスベガスが本拠で、カジノ専用に決済関連のフルサービスを提供している。その経験と実績を生かし、法規制に準拠したソリューションで、ディバービルのカジノ運営に参画する。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop