ネットショップ構築サービス「MakeShop」と 購買行動解析・販促サービス「ZenClerk」が連携(GMOメイクショップ/ Emotion Intelligence)

2015年9月1日22:45

GMOメイクショップと、Emotion Intelligenceは提携し、ネットショップ構築サービス「MakeShop」と、ECサイト向け購買行動解析・販促サービス「ZenClerk(ゼンクラーク)」とのサービス連携を2015年9月1日より開始した。

設定や運用の手間なく、購入を迷っているユーザーへクーポンを自動表示(出典:GMOメイクショップと Emotion Intelligenceのプレスリリース)

設定や運用の手間なく、購入を迷っているユーザーへクーポンを自動表示(出典:GMOメイクショップと Emotion Intelligenceのプレスリリース)

これにより「MakeShop」を利用するショップ運営者は、煩雑な設定の手間なく「ZenClerk」を導入でき、ショップを訪れたユーザーに対して、行動解析に基づいた最適なタイミングでクーポンを表示させることが可能となる。

今回の連携により、ユーザーのECサイト内での商品の閲覧行動やマウスの動きを「ZenClerk」がリアルタイムに解析。統計・行動経済学に基づいた情報解析を行い、サイト訪問者に最適なタイミングでクーポンを表示させる技術(特許出願済)の開発・実用化により、購入率の向上を全自動でサポートするそうだ。

また、人工知能・機械学習応用技術の活用により、サイト訪問者の増加に伴い「クーポンを提示するタイミングの精度」が自動で向上する仕組みを搭載しているため、ショップ運営者が作業する必要なく、効果の拡大が図れるそうだ。

さらに、「MakeShop」管理画面の設定ページに、「ZenClerk」側で発行された専用タグを貼り付けるだけで、導入することができる。タグの設置後は、希望の配信セグメントとクーポン内容を「ZenClerk」と相談しながら決定するだけで、以降は自動でクーポンが表示されるため、シナリオの設定・変更などの作業負荷がかかることはないそうだ。

また、同日より「MakeShop」利用中のショップを対象に、Emotion Intelligenceが2015年10月に一般販売を予定している、中・小規模ECサイト向け購買行動解析・販促サービス 「ZenClerk.S」のプレセールス(先行予約販売)を開始した。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop