プリペイドカード事業に参入しユニクロオンラインギフトカードを発行(クレディセゾン)

2010年8月24日17:40

クレディセゾンがプリペイドカード事業に参入
第一弾として「ユニクロオンラインギフトカード」を発行開始

VisaNetを介した決済により

決済データをリアルタイムに照合

クレディセゾンは8月24日、ビザ・ワールドワイド(Visa)と共同で、日本初となるビザ・プロセシング・サービスを利用した国内で利用可能なプリペイドカードの発行を開始すると発表した。

ユニクロ・ジーユーオンラインストアで利用できる「ユニクロオンラインギフトカード」

同社では、クレジットカードが法改正などの影響でさまざまな制約が設けられるなか、プリペイドカードの需要は高まると予測している。「入会審査や与信枠といった制限がないプリペイドカードは、クレジットカードでカバーできない領域を開拓できます」(クレディセゾン)

また、4月の資金決済法の施行により、資金移動業が銀行業以外にも開放されたことを受け、プリペイドカードにチャージした残高を国内外の銀行ATMなどから引き出すといった送金手段としての用途も期待している。

プリベイドカード発行については、ビザ・プロセシング・サービスを利用。同システムは、Visa独自の決済ネットワークである「VisaNet」を介してカードにチャージされた残高と加盟店からの決済データがリアルタイムに照合される。

クレディセゾンでは、プリペイド発行の第一弾として、ユニクロが運営するインターネット通販サイト「ユニクロ・ジーユーオンラインストア」で利用できるハウスギフトカード 「ユニクロオンラインギフトカード」を8月24日から発行する。

「ユニクロオンラインギフトカード」の発行・利用フロー

同カードは、使い切り型のプリペイドカードで、主に贈答用(ギフト)として販売。セゾンカードのインターネットサービス「Netアンサー」会員限定商品となり、セゾンカードによる決済もしくはセゾンカードのポイントサービスである「永久不滅ポイント」での交換となる。会員が指定した住所には約1週間でギフトカードが届けられ、カード送付時にメッセージを添えることも可能だ。プレゼントされた人はユニクロ・ジーユーオンラインストアでの決済時にカード番号、有効期限、セキュリティコードを入力して決済を行う。クレディセゾンが同カードの発行主体(第三者型前払式支払手段)となるため、ユニクロ側でカード発行残高などの管理や供託金の払い込みを行う必要がないという。

なお、ギフトカードの券種は7,000円(販売価格7,300円)と1万円(販売価格1万300円)の2種類。カードはクレジットカードなどと同様、JIS規格のサイズとなる。利用期限は発行翌月から6カ月間で追加入金はできない。その期間を過ぎた金額は失効するが、新たなユニクロオンラインギフトカードに残額を移行することもできる。

 リアルで使えるカードの発行も検討

3年後の取扱高1,000億円を目指す

 「プリペイドカードは、『記名・無記名』『入金額の設定』『リチャージ・使いきり』『リアル・インターネット加盟店』など、いろいろな使い方が考えられます。米国では給付金の支払いなど、幅広い利用が行われていますので、日本でも加盟店様のニーズに合わせて展開していきたいと考えています」(クレディセゾン)

クレディセゾンでは今後、プリペイドカード発行・運用業務の受託や、業務プロセスのアウトソースを希望する企業との提携などを積極的に進める方針だ。また同カードの仕組みを利用した海外旅行用プリペイドカード発行など資金移動事業へのビジネス領域の拡大を図り、同事業の3年後の取扱高1,000億円を目指す。

page toppagetop