行動分析でモバイル不正をあぶりだす(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年9月16日9:00

不審なモバイル決済を検知するサービスが、2015年末から英国ではじまる。提供するのは英国銀行傘下のモバイルサービス提供会社ザップ(Zapp)である。

 

行動不正技術(Behavioral Fraud Technology)を提供するのは、ケンブリッジ大学をスピンオフしたフィーチャースペース(Featurespace)。モバイル決済をリアルタイムでモニタリングし、不正の疑いがあるものを検知する分析エンジンを開発した。

 

このエンジンは機械学習アルゴリズムを搭載しているため、個人の口座単位でのわずかな変化もリアルタイムに発見する。

 

ザップを採用している銀行はバークレイズやHSBC、ファーストダイレクト、ネイションワイド、サンタンデールなどがある。これらの銀行は、より安全なモバイル決済を顧客に提供できるようになる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop