足し算が誤算に終わった(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年9月17日9:00

中小銀行向けの分析や顧客管理ソリューションは儲からない。そう思ったのは、個人信用情報を提供するエクスペリアンだ。

 

ベイカーヒル(Baker Hill)がそのソリューション事業の名称。顧客情報を分析し、顧客との関係を強化・管理するソリューションとして販売していた。

 

法人営業のマーケティングツールもあった。法人顧客のリスクや収益性を試算したり、営業効率を試算したりすることができた。

 

エクスペリアンがベイカーヒルを買収したのが10年前。しかし、エクスペリアンの核となる個人信用情報部門やリスクマネジメントとの相乗効果は限定的だった。

 

結局、エクスペリアンはベイカーヒル部門をプライベートエクイティのリバーサイド(Riverside Company)に1億ドルで売却することになったのだ。企業買収のむずかしさを物語っている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop