現金に交換可能なポイントが貯まる制度を開始予定(住信SBIネット銀行)

2015年9月15日20:24

住信SBIネット銀行は、2016年1月より、商品・サービスの利用状況に応じてさまざまな優遇が受けられる、「スマートプログラム(仮称)」を開始する予定であると発表した。

スマートプログラムは、商品・サービスの利用状況に応じて、現金に交換可能なポイントが貯まり、ランク制度によりさまざまな優遇が受けられるプログラムとなる。

具体的には、①2016年1月より取り扱い開始予定のデビットカードの利用、②ランク(後述)に応じたボーナスポイント、③キャンペーンの特典でポイントが獲得できる。貯まったポイントは、一定のポイント数に達すると1ポイント1円相当で現金へ交換することが可能だ。

また、個人の利用者を対象とし、商品・サービスの利用状況に応じて、4段階のランクが適用され、ランクに応じた優遇が適用される。引出しの際のATM利用手数料無料回数および同行から他行への振込手数料無料回数については、ランク制度の開始にあわせ、利用者のランクに応じ、ATM手数料無料回数は月間2~15回、振込手数料無料回数は月間1~15回までとなる予定だ。ランクに応じて個別設定となる項目は、①ATM手数料無料回数、②振込手数料無料回数、③ボーナスポイントとなっている。

なお、ランクの判定については、毎月1日に、前々月の商品・サービスの利用状況に応じて決められ、同行のWEBサイトのログイン後ページに表示される。なお、2016年2月のランクは、2015年12月の商品・サービスの利用状況に応じて反映されるそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop