EC-Orange POSがスマホ決済サービス「楽天スマートペイ」との連携開始(Sテック)

2015年9月16日19:41

エスキュービズム・テクノロジー(Sテック)は、Sテックが提供するタブレットPOSシステム「EC-Orange POS」において、楽天のスマホ決済サービス「楽天スマートペイ」との連携を開始したと発表した。

同連携により、EC-Orange POSの利用店舗は、EC-Orange POSでのクレジット会計金額が楽天スマートペイのアプリへ自動表示されるようになる。クレジット金額の都度の入力が不要になり、運用負担の軽減、金額の誤入力を防止できるという。

楽天スマートペイは、Visa、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club、Discoverのクレジットカード主要国際6ブランドに対応。すべてのブランドの決済手数料が一律3.24%で利用可能だ。また、楽天銀行の口座を指定した場合、365日翌日自動入金であるのも特徴だ。

「楽天スマートペイ」決済使用時写真(出典:Sテックのプレスリリース)

「楽天スマートペイ」決済使用時写真(出典:Sテックのプレスリリース)

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop