売上の1.32%が不正損失(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年9月30日9:00

米国小売の不正損失が増えている。レクシスネクシス(LexisNexis)によると、2015年の不正損失は2014年から94%も増え、売上の1.32%になった。2014年は0.68%だった。

 

セグメントでみると、国際取引やモバイルコマースの損失が大きく、それぞれ売上の1.56%と1.68%になっている。大手Eコマースマーチャントは1.39%だった。

 

つまり非対面販売の不正が多いということだ。対面販売に比べ非対面販売の不正防止は7倍難しいといわれている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop