Samsung Pay米国でスタート(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年10月6日9:00

韓国で8月20日にスタートしたSamsung Pay。それが9月28日、米国に上陸した。

 

Apple PayやAndroid Payと違うところは、NFC非接触決済だけでなく、磁場を生成して決済するサービスも搭載していること。よって、磁気ストライプしか受付けていないマーチャントでも使えるということである。

 

キャッチフレーズは「カードをスワイプやタップできるところなら、ほとんどどこでも支払える」というもの。ちょっと、まどろっこしい言い回しだ。

 

利用できる機器はギャラクシーS6、S6エッジ、Note5、S6エッジ+。通信キャリアはAT&T、T-Mobile、Sprint、U.S. Cellularである。

 

Samsung Payに乗るカードブランドはVisa、MasterCard、Amex。発行会社は、バンクオブアメリカ、シティ、U.S.Bank。ハウスカードはシンクロニーである。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop