全日信販が行うカード(クレジットカード)事業をアプラスへ集約

2015年10月5日17:30

アプラスグループでは、平成28年度より、同社連結子会社の全日信販が行うカード(クレジットカード)事業をアプラスへ集約すると発表した。

全日信販は、現在発行中の提携クレジットカードについて、既存の提携先の事情を踏まえつつ、順次クレジットカードの新規募集・発行業務を停止する。また、提携先の了承などを前提として、同じアプラスグループ内のアプラスが継続して新規発行業務を行う予定だ。

また、全日信販が発行する提携カードを保有する既存のカード会員については、平成29年4月以降、提携先の了解を前提として、カード有効期限の半年前にアプラスが発行する提携先とのクレジットカードの切り替えを案内する予定であるという。

これらにより、全日信販が発行するクレジットカード更新終了予定の平成32年度をめどに、アプラスへのカード事業の集約が完了する予定だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop