手のひらによる決済の実用化に向け、海外での実証実験を開始(JCB)

2015年10月7日12:00

ジェーシービー(JCB)は、 富士通および富士通フロンテックと、手のひらの静脈認証技術を用いた決済スキームの実証実験を、2015年10月に国外にて開催するパートナー企業向けのカンファレンスの場で実施すると発表した。

手のひらによる決済の仕組みについて(出典:JCBのプレスリリース)

手のひらによる決済の仕組みについて(出典:JCBのプレスリリース)

同決済スキームは、 富士通の静脈認証技術と、 国際ペイメントブランドJCBのネットワークを融合させ、 あらかじめ手のひらの情報をカードの情報へ紐付けすることにより、 手のひら静脈認証での本人確認により決済を可能としている。 手のひらの情報に対して複数のカードの紐づけが可能なため、 カードを持ち歩く必要がないという。

同静脈認証技術は認証精度が高く、 銀行のATMやセキュリティエリアの入退室管理等すでに多くの採用例があるという。同決済スキームは、 同認証技術とJCBブランドの決済ネットワークとの融合により、国・地域を問わず世界のJCB加盟店で決済が可能となる、 世界初の決済スキームとなるそうだ。

日本国内では、 2015年7月JCB本社にて社員数百名の参加により、手のひら情報とクレジットカードの紐づけによる実証実験を実施した。今回は、 国外にてブランドプリペイドカードのスキームでの実証実験を行うことにより、 国内外でクレジットカードやプリペイドカードといったさまざまな決済プロダ クトでの利用が可能な、「グローバル決済スキーム」としての実用化へ向けたさらなる検証を行うものとなる。

JCBは、 今後も他の国・地域でも実証実験を重ね、利用者およびパートナー企業のニーズに沿った同決済スキームの実用化を目指すという。国内においては、 すでにATMにて手のひら静脈認証技術を導入済みのOKB大垣共立銀行やその他金融機関と、決済分野における協業を検討している。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop