預金獲得高で首位は?(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年10月10日9:00

リテールバンキングの信頼度と利便性をはかる指標は、預金獲得高であろう。米国FDIC(連邦預金保険公社)は2015年6月末までの1年間の預金獲得高を発表した。米国の全銀行の預金獲得高は1.1兆ドルだった。

 

1位に輝いたのはJPモルガンチェイス。1年間で510億ドル(6兆円強)を獲得した。3年連続の首位である。過去5年間では4,780億ドルを獲得している。

 

預金残高では、JPモルガンチェイスはニューヨーク、シカゴ、ヒューストンで首位。ダラスでは2位、ロサンゼルスでは3位となっている。

 

JPモルガンチェイスは、デジタル時代に合わせた先進的な支店や、ビデオシステムによるアドバイス、モバイルバンキングなどを積極的に進めている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop