【EC運営における失敗事例】と【成功するための効果的な手法】をテーマにセミナー開催(ソニーペイメントサービス等)

2015年10月8日13:53

インターファクトリー、E-Grant、ソニーペイメントサービスは、2015年10月21日に無料セミナー「EC運営者が陥りやすい『罠』とは?!」を開催する。

スマートフォン・タブレットの急速な普及に伴い、日本のEC化率は年々上昇し続けており、EC業界においても次々と新たなサービスが登場し、顧客の購買行動も複雑化の傾向にあるという。そのような背景の中、EC運営企業においては、顧客1人1人の購買行動に合わせた施策が重要視されているそうだ。

そこで、ECの運営や効果的な施策を実施する上で、何に注意すべきなのか、ECシステム、マーケティングサービス、決済サービスを提供する3社から、【EC運営における失敗事例】と【成功するための効果的な手法】をテーマにしたセミナーを開催することとなった。

同セミナーでは、EC運営企業が陥りやすい「罠」とは何か、実際にあった失敗事例をもとに、EC激戦時代を勝ち抜くための効果的なアプローチ方法が紹介されるという。

参加対象は、企業経営者、EC担当者、WEBマーケティング担当者などとなる。

■「EC運営者が陥りやすい『罠』とは?!」紹介ページ(インターファクトリーのWebサイト)

ソニーペイメントサービス株式会社

sonypaymentservice

〒108-0074
東京都港区高輪1-3-13
NBF高輪ビル6階

ソニーペイメントサービスは、クレジットカード決済などの決済代行サービス、ネットワークサービスを提供し、2009年度には年間2億件超のデータ処理を取扱うなど、業界トップクラスの実績を誇っています。主要カード会社15社とダイレクトにネットワーク接続を行うことで、他社にはできないスピーディーで安定した処理を行い、更に、独自の認証機能を提供しています。また、PCI DSSなどセキュリティへの取組にも力を入れ、Eコマースの発展に貢献しています。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop