決済セキュリティを強化する動的CVV/CVCソリューションがモバイル、カード形式の両方で利用可能に(ジェムアルト)

2015年10月14日20:08

ジェムアルトは、2015年10月14日、決済セキュリティソリューション「Dynamic Code Verification」を発表した。同ソリューションは、カードが物理的に介在しないオンライン取引での不正(番号盗用)から保護し、カード保有者の期待に応える簡単なユーザー体験を保証するという。

Dynamic Code Verification。ソリューションのカードのバッテリーは通常4年程(出典:ジェムアルトのプレスリリース)

Dynamic Code Verification。ソリューションのカードのバッテリーは通常4年程(出典:ジェムアルトのプレスリリース)

この動的CVV/CVCソリューションには EMV決済対応のディスプレイカードが含まれ、従来の店舗での支払いやeコマースによる決済、ATMでの引き出し、モバイル取引、検証サーバーおよび関連サービスの安全性を確保可能だ。モバイル版はジェムアルト独自のオファーで、モバイルを事業戦略の最前線と考える銀行のデジタル化推進事業を支援するという。

同ソリューションにより、カード発行会社は、従来オンラインでの購入の際に用いられていた、カードに記載された静的な3桁のセキュリティコードを、動的なCVV/CVCに置き換えることができるという。この動的な CVV/CVCは、利用者の決済カード、もしくはモバイル機器の画面上に表示され、一定時間で更新される仕組みになっている。このコードは 20分ごとに更新され、オンライン取引のセキュリティレベルは大幅に強化される。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop