決済カードの出荷枚数は(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年10月15日9:00

2014年、世界中で何枚の決済カードが出荷されたのだろうか。決済カードの出荷は、キャッシュレスを推進する。

 

ニルソンレポートによると2014年の決済カード出荷枚数は57.6億枚になった。そのうち39.1億枚がVisaとMasterCardの決済カードである。2013年対比8.7%アップだ。

 

世界最大の決済カードメーカーはオランダのジェムアルト(Gemalto)。8.8億枚を出荷した。そのうちEMVカードは7.24億枚で、82%を占める。

 

2位は米国のパーフェクト(Perfect)で6.11億枚、その99%が磁気ストライプカードだった。3位はフランスのオバーチュア(Oberthur)で5.4億枚、EMVカード比率は63%だった。

 

EMVが必須の欧州と、磁気カード主体の米国のカード事情を反映している。しかし2015年10月からのライアビリティシフトに向けて米国では急速にEMVカードへの移行が進んでいる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop