テレコムインドネシアと提携しNFC共通プラットフォームを構築へ(ソニー)

2015年10月15日19:47

ソニーは、2015年10月15日、インドネシア最大の通信事業者であるPT Telkomunikasi Indonesia(テレコムインドネシア)とICカード(スマートカード)システムのパートナーシップに関する「Memorandum of Understanding (MOU):基本合意書」を締結したと発表した。同日にソニーとテレコムインドネシアは、インドネシアで記者会見を行った。

両社では、ソニーのFeliCa ICカード技術をベースに「NFC Common Platform(NFC共通プラットフォーム)」を構築し、同プラットフォームの導入を進めていく。インドネシアの公共交通機関、小売店、学校などにおいて、カードや携帯電話を使用したシステムの導入を進めることで、同国の人々の生活をより良いものにしていきたいとしている。

「NFC Common Platform」は、サービスプロバイダ向けのオールインワンのパッケージとなる。電子マネーの決済処理、セキュリティアクセス、ロイヤリティサービスなど、アプリケーションの導入を容易にするという。

このMoUの最初の取り組みとして、テレコムインドネシアとともに、インドネシア第三の都市であるバンドゥン(Bandung)のバスで自動収受システムの検証を行う。

ソニーでは、日本や香港をはじめ、数多くのサービスで蓄積した豊富な経験を活用することで、インドネシアにおける輸送や電子決済において、NFC対応のモバイルサービスを進めていく。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop