認知症患者、介護者、地域の人々が協力して徘徊を見守るNFCアプリを学生が開発

2015年10月23日8:00

徘徊者の情報をNFCスマートフォンで読み取り、早期発見につなげる

学校法人岩崎学園 横浜医療情報専門学校の学生が開発したNFCのアプリが話題となっている。NFC搭載のスマートフォンとNFCタグを利用した高齢者介護支援アプリ「おうちにカエろう」は、認知症によって徘徊して行方不明になった患者を地域の人々と一緒に見守り、発見の支援を行うアプリとなっている。

横浜医療情報専門学校の4 人が開発
高齢者の方でもシンプルに使える機能を意識

高齢者介護支援アプリ「おうちにカエろう」は、横浜医療情報専門学校 医療IT科の2年生の石田大貴さん、坂之下美咲さん、坂本綾香さん、鼓絵利奈さんの4人が開発。認知症患者、地域の人々、介護者の三者をつなぐコミュニケーションアプリとなる。

左から石田大貴さん(左手前)、坂之下美咲さん(左奥)、 坂本綾香さん(右手前)、鼓絵利奈さん(右奥)

左から石田大貴さん(左手前)、坂之下美咲さん(左奥)、坂本綾香さん(右手前)、鼓絵利奈さん(右奥)

同アプリは、腕時計やお守り、キーホルダーなどを身に付けている認知症患者が徘徊していた場合、発見した人がNFCタグシールを添付したデバイスにスマートフォンをかざすと、事前に登録された情報を読み込んで、介護者や介護施設・家族に連絡が届く仕組みだ。

姉妹校の情報科学専門学校と横浜医療情報専門学校では、「IoT(Internet of Things)時代を見据え、新たな価値を創造する作品」テーマに、学園内でISCプログラミング・コンテストを開催。「おうちにカエろう」は、最優秀賞を受賞した。石田さんの母親が介護の仕事をしており、地域の人々と連携して、徘徊してしまっている認知症患者の発見に役立つ仕組みを相談されたのが開発のきっかけだったという。

「ほとんどのAndroid機種にはNFCが搭載されていますので、今ある技術を取り入れて、広めることを考えて開発しました。若い方だけではなく、高齢者の方で介護をされている方も意識して、なるべくスマートフォンなどの機械操作に慣れていなくてもシンプルに使っていただけるように作りこみました」(石田さん)

アプリのボタンは3 つに絞る
NFCのタッチマークはわかりやすいデザインを意識

アプリのボタンについても、「書き込み」「アプリの説明」「認知症ガイド」の3つに絞り、「見た目も柔らかく、親しみがあるデザインを意識した」と石田さんは説明する。徘徊者の目印となるタッチマークは、妊産婦が交通機関等を利用する際に身につける「マタニティマーク」のように、見た目でわかりやすいデザインを意識して坂本さんがデザインした。坂本さんは、「アプリの制作においても、優しい色を選びました。また、アプリに登場するメンバーも開発した4人が登場しています」と語り、笑顔を見せる。

腕時計やお守り、キー ホルダーにスマート(左)、アプリのイラストも見た目でわかりやすいデザインを意識(右)

腕時計やお守り、キーホルダーにスマート(左)、アプリのイラストも見た目でわかりやすいデザインを意識(右)

同アプリは、テレビのニュースで報道され、多くの視聴者の目に留まった。また、「ワイヤレスジャパン2015」に出展した「日本Androidの会」のブースで展示された際には、NFC関係者からの意見も耳にしたが、さらに伸ばしていけるサービスとして好評だったそうだ。

「おうちにカエろう」は現段階で改良の最中で、「さらに仕組みとして伸ばしていきたい」と石田さんは意気込む。今後の機能のアップデートとしては、「NFCタグのシステムは、悪用が懸念されるため、誰でも情報を書き込めるのではなく、市区町村名や介護施設名だけを登録していただき、NFCスマートフォンで読み込んだ情報は介護者に届くといった仕組みを考えています」と石田さんは話す。

なお、今後のNFCへの期待としては、「Androidだけではなく、iPhoneで同アプリが利用できるようになれば、多くのスマートフォン利用者をカバーでき、さらに活用の幅が広がる」と石田さんは語った。

■大特集「FeliCa&NFC完全ガイド」

felicanfc

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop