FBIがEMVカードに警告(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年10月24日9:00

2015年10月1日から米国カード業界では、ライアビリティシフトがスタートした。多くのカード発行会社は磁気カードからEMVカードへと切替えている。

 

しかしFBIはこれらのカードに警告を発した。EMVカードは今の状況では悪用に対し脆弱だというのだ。FBIが呼びかけたのは警察やマーチャント、そして公共機関。

 

偽造ができにくいEMVカードでなぜ犯罪が起きるのか。盗難や紛失にはEMVのセキュリティが確保されないからだ。

 

たとえばオンラインショッピング。ここでは依然としてカード番号がそのまま使われる。リアルのマーチャントでもEMVを受付けていないところや、EMV端末でもPIN入力ではなく署名を求めるところでは磁気カードと同じ結果になる。

 

PIN入力では、犯罪者は横からPINを盗み見して利用することも多い。ATMでのPIN入力には十分気をつけなければならないという。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop