日本KFCとJCB、ギフトにも使えるプリペイドカード「KFC CARD」発行

2015年10月19日16:11

日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)とジェーシービー(JCB)は、ケンタッキーフライドチキン(KFC)で使用可能なJCBを発行元としたハウスプリペイドカード「KFC CARD」の発行について合意し、2015年10月30日から、全国のKFC店舗で取り扱いを開始すると発表した。

「KFC CARD」の通常デザイン

「KFC CARD」のオリジナルデザイン

「KFC CARD」は、バリューをチャージして繰り返し利用できる、チャージ機能付きのハウスプリペイドカードで、全国のKFC店舗で発行、KFCの全メニューの購入時に利用可能だ。カードの発行は無料で、チャージ単位は500円単位、チャージ上限は5万円となる。なお、チャージしたバリューは最終利用日(もしくは最終チャージ日)から2年間有効となっている。また、「KFC CARD」を利用者は、専用のマイページでカードの残高確認や残高移行を行うことが可能だ。

カード券面は、白地にカーネル・サンダースのロゴマークをあしらったKFCオリジナルデザインと、季節限定デザインとして、クリスマスシーズンに利用できるクリスマス限定デザインの2種類を用意した。今後、ギフト用途に適した、季節に合わせた券面デザインを拡充予定だ。

クリスマスシーズンにあわせたクリスマス限定デザイン

クリスマスシーズンにあわせたクリスマス限定デザイン

KFCでは、今回の「KFC CARD」発行に合わせ、通常の利用に加え、クリスマス等のギフトとしての利用や、遠方に住む人への贈り物としても使用できるよう、ギフト専用封筒を設け、顧客の利用シーンに合わせた使い方を提案していきたいとしている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop