クレジットカードのポイントがダブルで手にできるiPhoneアプリ「CRECO」を発表(アイ・ティ・リアライズ)

2015年10月22日13:00

アイ・ティ・リアライズは、2015年11月、クレジットカードの利用明細を「お得に」管理できるiPhoneアプリ「CRECO(クレコ)」をリリースする。対応クレジットカードは、「楽天カード」「イオンカード」「JCBカード」となるが、リリース後、毎月3カードずつ追加していくそうだ。

クレカのポイントがWに(出典:アイ・ティ・リアライズのプレスリリース)

クレカのポイントがWに(出典:アイ・ティ・リアライズのプレスリリース)

「CRECO」は、普段見ているカード会社のウェブ明細画面への認証情報を登録すると、ユーザに変わって『CRECO』が明細を自動収集。所有している複数カードの明細を1画面で確認できるようになる。

また、収集した明細の金額×1~3%のポイントが、クレジットカード会社のポイントとは別に、CRECOポイントとして付与される。貯まったCRECOポイントは、家電製品、旅行、ブランド品、提携加盟店の割引チケットなどと交換することが可能だ。

「CRECO」を使えば、日頃の買い物もクレジットカード払いにするだけで、ポイントが貯まるため、主婦層、学生、会社員など、様々な人に利用してもらいたいとしている。

「CRECO」では、ユーザがアプリに登録した認証情報を、高いセキュリティレベルで暗号化した上で、スマートフォン内にのみ保存するそうだ。これにより、事前マーケティング調査で多く挙がった「クレジットカードの情報をインターネット上に預けることへの不安」を解消したという。

また、ポイント交換での商品を届ける場合を除き、氏名・住所といった個人情報についても、インターネット上に保存されることはないそうだ。

なお、同社ではリリース前キャンペーンとして、ゲーム「CRECO BIRD」をプレイすると、ポイント率がアップするキャンペーン第1弾を実施する。獲得したポイント率は、「CRECO」初回起動時に自動で引き継がれ、加算される。

今後は、ミステリーショッピングリサーチを提供する経営コンサルティング会社であるMS&Consultingと業務提携し、「CRECO」事業を急速に拡大していきたいとしている。CRECOユーザの利用明細をマイニングし、MS&Consultingのクライアント(CRECO加盟店)から預かったクーポンを、最適なタイミングで、最適なユーザに届けるサービスを展開していく予定だ。

 

 

page toppagetop