Cap1が米銀初のAndroidウォレット(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年10月26日9:00

Android Payではなく、独自のAndroidウォレットをキャピタルワンがスタートした。米銀初のサービスインだ。

 

Android利用者は、キャピタルワンのカードを登録すればNFC非接触決済ができるようになる。ブランドはMasterCardとVisa。

 

MasterCardでは、デジタル・イネーブルメント・サービス(MDES)を採用。Visaでは、トークンサービス(VTS)を採用した。カード番号を使わずトークン化した番号を使うので安全だ。

 

キャピタルワンはいままでもウォレットアプリを提供していたが、今回はそれのアップデート版となる。NFC非接触決済とともに、カード利用管理やリアルタイムのトランザクション通知、リウォーズ利用や残高照会が簡単にできる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop