北米向けに「Incredist Premium」を発表、Pivotal Paymentsと業務提携(フライト)

2015年10月27日23:01

フライトシステムコンサルティングは、米国子会社 FLIGHT SYSTEM USA Inc.を通じ、米国時間 2015 年 10 月 26 日、タブレット連動型クレジットカード決済装置 Incredist の新製品「Incredist Premium(インクレディスト・プレミアム)」を発表した。同製品は、同日付けで受注受付を開始し、出荷開始は 2016 年 1 月中旬を予定している。また、米国の決済センター事業者Pivotal Payments Inc.と業務提携を締結したこともリリースされている。

「Incredist Premium」(出典:フライトのプレスリリース)

「Incredist Premium」(出典:フライトのプレスリリース)

フライトでは、2010年9月より三菱UFJニコスの協力を得て、国内初のiPhoneやiPadをクレジットカード決済端末にするソリューション「ペイメント・マイスター」を販売している。すでにホテル施設での決済、レストランのテーブルチェックや観光タクシーでの決済、および旅行代理店などで導入されている。また2013年4月に、J-Debit、電子マネー、銀聯カード、クレジットカードといった決済を一台で実現できるマルチ決済端末「Incredist(インクレディスト)」を発売開始しており、日本大手企業で数万台規模での導入実績がある。

今回、同社では、「Incredist Premium」をFLIGHT USAを通じ北米市場向けに発売を開始する。同製品は小型・軽量でありながら、磁気クレジットカード、接触型ICによるクレジットカード(EMV)、日本の電子マネーという 3 種類の決済に加え、新たにMasterCard Contactless(旧MasterCard PayPass)、Visa payWaveなどの非接触型ICによるクレジットカード(コンタクトレス EMV)の決済に対応している。コンタクトレスEMVは、Apple Payも同様の仕組みを用いている。

また、FLIGHT USAでは、北米での決済に関して決済センター事業者 Pivotal Payments Inc.と業務提携を発表しており、両社で同製品を活用したタブレット連動型カード決済ソリューションを広く展開していく予定だ。

PIVOTALは2003年に設立されたグローバル決済事業者で、eコマース決済からPOSソリューション開発、モバイル決済ソリューション等を加盟店へ提供している。同社ではmPOSと呼ばれるスマートタブレット連動型の決済ソリューションの接続先となるインターネットゲートウェイサービス「GlobalOne」事業およびEMV決済サービス「Flex Point」事業を行っており、この両ブランドの合計にて決済取引高は年間約120億ドルになるそうだ。クレジットカード決済(磁気カードおよびICチップ付きカード)のほか、Apple Pay、Master Card Contactless, Visa payWaveに代表される非接触ICクレジットカードの決済に対応しており、また24時間365日対応のコールセンターや端末故障時の手厚い保守網も保有している。

なお、同製品の日本国内での販売についての販売開始時期は未確定となっており、販売準備が出来次第、発表するという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop