ローソンでPonta初のプリペイドカードを展開へ(クレディセゾン/JCB/LM)

2015年10月29日12:19

ローソンは、クレディセゾン、ジェーシービー(JCB)、ロイヤリティ マーケティング(LM)と協業し、 2015年11月3日から、JCBブランドのプリペイド機能付きPontaカード「おさいふPonta」の発行を開始すると発表した。発行手数料・年会費は無料で、ローソン店頭にてその場で無料発行される。

おさいふ Ponta カードデザイン(出典:ローソン、クレディセゾン、JCB、LMのプレスリリース)

おさいふ Ponta カードデザイン(出典:ローソン、クレディセゾン、JCB、LMのプレスリリース)

「おさいふPonta」は、JCBブランドのプリペイド機能が付いたPontaカード。ローソンが発行するPontaで初めてのプリペイドカードとなる。事前にローソン店頭またはWEBサイトで入金することで、ローソンと国内・海外(EC加盟店のみ)のJCB加盟店での支払いに利用できる。

また、ローソンでの買い物100円(税抜)につき 1ポイント、Ponta提携社でもそれぞれの企業のポイントが付与される。また、JCB 加盟店での買い物500円(税込)につき1ポイントが付与される。

チャージ(入金)は、ローソン店頭(現金のみ)もしくは WEBからのクレジットチャージが可能だ。チャージの上限は1回 3 万円となり、1カ月に10万円まで行える。

なお、従来手持ちのPontaカードについては、そのポイントを「おさいふ Ponta」に移行することが可能だ。方法は、「おさいふ Ponta」カードを受け取り後、おさいふ Pontaデスクへ連絡するか、おさいふPonta専用WEBサイトで直接手続きする方法のいずれかとなる。

なお、Pontaの会員数は7,213万人(2015年9月末日現在)、提携企業79社となっており、全国約2万4,100店舗(2015年10月1日現在)にて利用が可能だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop