プリンスホテル、全スキー場にマルチ決済端末導入 交通系電子マネー、iD、楽天Edyが利用可能(西武鉄道/UCカード)

2015年10月29日17:52

プリンスホテルは、西武鉄道およびユーシーカードと提携し、2015-2016シーズンより、全国9つのスキー場にマルチ決済端末を導入すると発表した。従来のクレジットカードや銀聯カードに加え、「PASMO」や「Suica」をはじめとした交通系電子マネーや、「iD」「楽天 Edy」などの利用を可能にすることで、スキー場の利用者の利便性の向上を図るという。

利用可能な電子マネー(プリンスホテル、西武鉄道、プリンスホテルのプレスリリース)

利用可能な電子マネー(プリンスホテル、西武鉄道、プリンスホテルのプレスリリース)

マルチ決済端末は、都市部のホテルではすでに導入が完了しているが、今後、スキー場をはじめ、リゾートエリアのホテルやゴルフ場にも導入を進めていく。

なお、マルチ決済端末を導入するスキー場は、富良野スキー場、雫石スキー場、苗場スキー場、かぐらスキー場、六日町 八海山スキー場、軽井沢プリンスホテルスキー場、志賀高原 焼額山スキー場、妙高 杉ノ原スキー場、万座温泉スキー場となる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop