寄付先が選べる社会貢献 QUOカード「ささえあい」発売(クオカード/公益財団法人パブリックリソース財団)

2015年10月29日18:17

全国共通のプリペイドカード「QUOカード」を発行しているクオカードは、公益財団法人パブリックリソース財団との共同企画により、寄付先を選べる新しい形の社会貢献QUOカード「ささえあい」を2015年10月23日から発売している。

左が「ささえあい500」500円券(希望小売価格580円、利用可能額500円)、右が「ささえあい1000」1,000円券(希望小売価格1,090円、利用可能額1,000円)

左が「ささえあい500」500円券(希望小売価格580円、利用可能額500円)、右が「ささえあい1000」1,000円券(希望小売価格1,090円、利用可能額1,000円)

同カードは、「環境」「子ども」「社会福祉」「緊急支援」の分野において同社があらかじめ選定したNPO法人などによる7つのプロジェクトの中から、購入時に応援したいプロジェクトを利用者に指定してもらい、購入代金の一部が同社からパブリックリソース財団を通じて各プロジェクトに寄付される。

同社が選定した7つのプロジェクトは、いずれもパブリックリソース財団の審査基準(先駆性・リーダーシップ・信頼性・持続性など)に適合する、社会性の高いプロジェクトであるそうだ。

「QUOカード」は、従来から企業によるキャンペーンなどでの販促活動や株主優待など、さまざまなギフトシーンで採用されているが、同カードをそれらのギフトシーンで使ってもらうことで、さらに社会貢献活動の要素を取り入れることが可能となる。

また、キャンペーンや企業からのギフトとして同カードを受け取った人に、社会のさまざまな課題に触れ、寄付に対する関心を持ってもらうきっかけを提供していきたいとしている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop