OL割賦は客単価80%アップ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年11月6日9:00

ペイパル創業者のマックス・レビチン率いるアファーム(Affirm)が、E-コマースソリューションを提供する3dカート(3dcart)に採用された。

 

3dカートは17,000社強のマーチャントを保有。その利用者は数百万人といわれる。アファームはオンライン割賦のスタートアップである。

 

オンライン割賦は購入額を月々分割で支払う決済方法。消費者は欲しい商品がいますぐ買えて、支払いは後で。マーチャントは顧客の購買意欲を刺激し、客単価をアップできる。

 

アファームを採用したマーチャントでは、8平均注文金額が80%もアップする。コンバージョン率は20%強伸びる、というデータが出ている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop