カンボジア・パブリックバンクと提携し、同行の全カード加盟店で利用可能に(JCB)

2015年11月4日16:46

ジェーシービー(JCB)の海外業務を行うジェーシービー・インターナショナルは、カンボジアの大手商業銀行であるCambodian Public Bank Plc.(カンボジア・パブリックバンク)と、同行のカード加盟店におけるJCBカードの取り扱いについて合意し、同行の加盟店においてJCBカードの取り扱いが順次開始すると発表した。2015年12月末までに、同行の全カード加盟店においてJCBカードが利用できるようになる予定だ。

カンボジア・パブリックバンクは、マレーシアのPublic Bank Berhad(パブリックバンク)の全額出資子会社であり、1992年に設立されたカンボジアの大手商業銀行となる。同行との提携により、同国の特にシェムリアップ周辺のホテルやレストランなどJCBカードが利用できる店舗数が拡大し、JCB会員の利便性が向上するという。

JCBは、1992年よりカンボジアでの加盟店網の開拓に取り組んでいる。同国は、世界遺産に登録されているアンコールワットを始めとした遺跡など、観光資源が豊富な国であり、 2014年には450万人以上もの外国人が同国を訪れているそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop