多機能カード端末が2,800万ドル調達(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年11月9日9:00

ラスベガスのフィンテックイベントMoney20/20でも話題になっていたのが、ポイント(Poynt)。NFC非接触に加え、EMV、磁気、QRコードなど多様な決済を受付けられる端末プロバイダーである。

 

CEOは元グーグルウォレットの責任者で、その時の経験を生かして開発したものである。今回のシリーズBラウンドで調達したのが2,800万ドル。

 

これを元手に、いよいよ全米へ出荷されることになった。ターケットは年商5万ドルから10万ドルのスモールビジネス。端末単独で使えるほか、既存POSと接続して使うこともできる。

 

端末価格は299ドル。日本の多機能端末より相当安い。外見もスマートだ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop