アマゾンが越境EC決済に選んだ会社(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年11月18日9:00

アマゾンではクロスボーダー取引が増えている。ここ最近注目されている越境ECがアマゾンでも活況なのだ。

 

その際に問題になるのが、出店者への支払い。銀行口座をもたない出店者もいる。

 

アマゾンはこの問題を解決するため、プリカベースの国際送金サービスを提供するペイオニア(Payoneer)と提携した。

 

国際ブランドはMasterCard。プリペイド口座に販売代金を振込むため、銀行が閉まっている時間でも、出店者はスピーディに売上金にアクセスできる。

 

ペイオニアではローカルな銀行口座へも売上金を振込むサービスを提供している。中国、日本、韓国などのトップ市場の出店者は、ペイオニアで簡単に売上金へアクセスできるようになる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop