サンタンデールが提携したPFM

2015年11月22日9:00

個人金銭管理(PFM)は世界的な潮流になってきた。かつてアグリゲーションサービスと呼ばれていたこのサービス。モバイルによってユーザーインタフェイスが改良され、利用者数が急増している。

 

スペインに本拠をおくサンタンデール銀行は、PFMを活用したバンキングサービスを国際展開するにあたり、メニガ(Meniga)と提携した。

 

サンタンデール銀行はメニガのサービスをベースに、リアルタイムのアドバイスやサービスをパーソナルに提供する。個々人の暮らしぶりに対応したパーソナルなデジタルバンキングへの重要なマイルストーンだと発表している。

 

メニガはPFMのほか、ビジネス金銭管理(BFM)、カード連動マーケティング(CLM)、顧客データ分析(CDA)を組合せたサービスを開発。すでに世界16カ国に2,500万利用者を抱え、INGやコメルツバンクなどにもサービスを提供している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop