国際ブランドプリペイド残高管理ASPサービスの提供開始(凸版印刷)

2015年11月20日16:14

凸版印刷は、複数の国際ブランドプリペイドカードが同時立ち上げ可能な、国際ブランドプリペイド残高管理ASPサービスの提供を、2015年11月下旬から本格的に開始すると発表した。

凸版印刷の国際ブランドプリペイドASPサービスが採用された「Orico Prepaid Card」

凸版印刷の国際ブランドプリペイドASPサービスが採用された「Orico Prepaid Card」

同サービスは、国内外の複数の国際ブランド加盟店で利用できるプリペイドカードが同時立ち上げできる機能をシステムとして提供する。具体的には、凸版印刷が運用する、セキュリティ基準PCI DSSに準拠したサーバを通じ、その残高などを管理する。また、プリペイドカードの製造・発行や会員向けWebサイトの構築はもちろん、会員情報やポイント情報の管理も可能なため、トータルなサービス提供が可能となる。

なお本サービスは本格販売に先立ち、オリエントコーポレーションが2015年11月19日から新規募集を開始する国際ブランドプリペイドカード「Orico Prepaid Card(オリコプリペイドカード)」で採用された。

凸版印刷は、ギフトカードの残高管理を行うリアルタイムプロセッシングサービスである「ギフトカードASPサービス」を2005年より提供。ISO/IEC27001をはじめ各種国際認証を満たしたセキュアなデータセンターで運用されるサービスとして約120社・1万店への導入実績がある。今回、このギフトカードASPサービスに加え、国内外の複数の国際ブランド加盟店で利用が可能な国際ブランドプリペイドASPサービスを開発したという。

凸版印刷は今後、同サービスを金融機関はもちろん、流通・サービス業界や旅行業界などに向けて拡販。2020年度に約15億円の売上を目指す。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop