カード管理アプリ『CRECO』が新たに7カードに対応(アイ・ティ・リアライズ)

2015年11月25日23:30

アイ・ティ・リアライズは、無料クレジットカード明細管理アプリ「CRECO」において、アメリカン・エキスプレスカード(アメリカン・エキスプレス)、セゾンカード(クレディセゾン)、NICOSカード(三菱UFJニコス)、ライフカード、DCカード(三菱UFJニコス)、ジャックス、三井住友VISAカード(三井住友カード)、セブンカード(VISA)(セブン・カードサービス)、オリコカード(オリエントコーポレーション)を対応カードに追加したと発表した。今回の追加により、対応カードは以下の12種類となった。

「CRECO」は、無料でクレジットカード明細を一元管理できるiPhoneアプリ。複数のクレジットカードを登録することにより、それらのカード明細書を1つにまとめることが可能だ。また、「CRECO」に登録したカードの「利用額×1%」が、クレジットカード会社のポイントとは別に、CRECOポイントとして付与される。貯まったポイントは、商品に加えて、2016年よりラインナップに追加される「特典クーポン」とも交換可能だ。

アイ・ティ・リアライズでは、「MUFGカード」(三菱UFJニコス)、エポスカード、「dカード(旧 DCMXカード)」(NTTドコモ)、UCカード(ユーシーカード)、シティカード(シティカードジャパン)、ビューカード、ポケットカード、TS CUBICカード(トヨタファイナンス)、アプラスカード(アプラス)、ダイナースクラブカード(シティカードジャパン)、セディナカード(セディナ)に対応予定であり、2015年度中に20カード以上に拡大する予定だ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop