MCのフィンテックに選ばれたマネーツリー(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年11月29日9:00

MasterCardのフィンテック育成プログラムに日本のマネーツリーなど4社が選ばれた。日本の企業が選ばれたのは、はじめてだ。

 

育成プログラムの名称はスタートパス(Start Path)。2014年にスタートしたスタートパスは、世界中から有望なフィンテックを選んで育成するプログラムで、これまで13社がリストアップされている。

 

今回選ばれたのはマネーツリーのほか、コントロール(Control)、レインバード(Rainbird)、バットボックス(VATBox)である。

 

コントロールは、企業向けのモバイルソリューション。リアルタイムの決済分析、不正通知などを提供。

 

レインバードは、企業向けのAIソリューション。企業内のナレッジを人工知能によって解析し、意識決定のスピードを速めている。

 

バットボックスは、企業向けの付加価値税(VAT)還付ソリューションを提供している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop