銀行客がフィンテックに奪われている(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年12月3日9:00

フィンテックは銀行にとって脅威。銀行が消滅する日。という論調がニュースのタイトルで踊っているが、本当に脅威なのだろうか。

 

米国クレジットユニオン協会(CUNA Mutual Group)は2014年の実態を調査した。5,300社の実データに基づいたものだ。

 

それによると、資産規模50億ドル以上のクレジットユニオンでは、2011年から2014年にかけて顧客数が減少していることがわかった。この間、米国の人口は年率1%伸びているにもかかわらずである。

 

この減少要因がフィンテックによるものだと、CUNAは解説している。日本ではまだこんなことはないだろうが、米国では現実にフィンテックが銀行顧客を奪っている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop