バークレーヴァウチャーズの電子食事カード「チケットレストラン タッチ」に電子マネーサービスを採用(富士通FIP)

2015年12月1日16:15

バークレーヴァウチャーズと富士通エフ・アイ・ピーは、福利厚生用食事券の電子化サービスとなる「Ticket Restaurant Touch(チケットレストラン タッチ)」において、富士通エフ・アイ・ピーの「サーバ管理型電子マネーサービス」を採用することで合意したと発表した。

「チケットレストラン タッチ」のカードイメージ(出典:バークレーヴァウチャーズと富士通FIPのプレスリリース)

「チケットレストラン タッチ」のカードイメージ(出典:バークレーヴァウチャーズと富士通FIPのプレスリリース)

「チケットレストラン タッチ」は、バークレーヴァウチャーズが提供する福利厚生用食事券「Ticket Restaurant (チケットレストラン)」のカード化を実現するもので、NTT ドコモの「iD」ブランドのリーダー/ライター(読み取り機)に対応する。「チケットレストラン タッチ」は、2016年4月のサービス提供開始を予定している。

バークレーヴァウチャーズは、福利厚生制度の一環として従業員に配布する食事券「チケットレストラン」の発行代行サービスを日本で提供している。日本全国約5万4,000 店舗以上の飲食店やコンビニエンスストアなどの加盟店を社員食堂のように利用できるサービスで、約1,000社以上15万人におよぶ従業員が利用している。

「チケットレストラン」の導入企業や加盟店が増える中、従来紙で提供していた食事券に加えて、福利厚生用食事券の電子化サービス「チケットレストラン タッチ」を2016 年4月(予定)より提供することとなった。

構築にあたっては、富士通エフ・アイ・ピーと凸版印刷が共同で運営する「サーバ管理型電子マネーサービス」を残高管理の仕組みとして採用している。「サーバ管理型電子マネーサービス」は、情報セキュリティ格付で決済サービスとして初となる最高位「AAAis」を取得しているほか、ISO/IEC27001をはじめ各種国際認証を満たした富士通グループのデータセンターで運用されている。

「サーバ管理型電子マネーサービス」の採用により、導入企業や加盟店は、月々の補助金額がカードに自動的に補充される上、紙の食事券の回収も不要となるため、時間と労力を要する紙ベースの運用から解放されるそうだ。また、従業員は、カード一枚で幅広いレストランやコンビニエンスストアで食事補助を活用できるようになり、スムーズな決済も可能となる。

さらに「チケットレストラン タッチ」の決済の仕組みにおいては、NTTドコモが提供するiDブランドと連携した。これにより、iD加盟店では、保有するiDの読み取り機を利用することで新たな決済端末を用意することなく、従来の運用で「チケットレストラン タッチ」への対応が可能だ。

富士通エフ・アイ・ピー株式会社

富士通FIP

〒105-8668
東京都港区芝浦1-2-1
シーバンスN館

富士通エフ・アイ・ピーが提供するギフトカードサービスは、ギフトカードのみならず、ハウス電子マネーにもご活用頂けるSaaS型サービスです。導入サポートから残高管理、カード発行に至るまでワンストップでサービスを提供しており、国内最大級の実績ある高信頼サービスです。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop