ソフトバンクカード会員向けに「バリュー」をおくることが可能に(ソフトバンク/SBPS)

2015年12月1日17:41

ソフトバンクと、ソフトバンク・ペイメント・サービス(SBPS)は、Visa加盟店で利用でき、利用額に応じてTポイントが貯まるプリペイドカード「ソフトバンクカード」において、同カード会員向けに「バリュー」をおくることができる機能を、2015年12月1日より提供開始すると発表した。

利用イメージ(出典:ソフトバンクとSBPSのプレスリリース)

利用イメージ(出典:ソフトバンクとSBPSのプレスリリース)

「ソフトバンクカード」は、使用したい金額分の「バリュー」をチャージして繰り返し利用できる入会費・年会費無料のプリペイドカード。チャージした「バリュー」は国内・海外あわせて3,800万店のVisa加盟店での支払いに利用可能だ。今回のおくる機能により、ソフトバンクカード会員間で「ソフトバンクカード」や金融機関口座へ「バリュー」をおくることができるようになる。また、「バリュー」をおくるよう依頼も可能だ。

同機能を利用することにより、これからの忘年会や新年会シーズンに向けた会費の精算や、家族への小遣いや仕送りなど、さまざまなシーンで「ソフトバンクカード」を利用してもらいたいとしている。

なお、同機能の提供を記念して、最大2,000円分の「バリュー」が当たるキャンペーンを、12月7日より実施する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop