Tポイントも貯まる交通系電子マネー専用「セルフレジ」の導入開始(ファミリーマート)

2015年12月1日22:39

ファミリーマートは、交通系電子マネー専用のセルフレジを、2015年11月30日から京成電鉄の駅構内のファミリーマート店舗に順次導入している。

交通系電子マネー専用「セルフレジ」(出典:ファミリーマートのプレスリリース)

交通系電子マネー専用「セルフレジ」(出典:ファミリーマートのプレスリリース)

ファミリーマートでは、PASMO、Suicaなどの交通系電子マネー専用で、Tポイントも貯まるセルフレジの導入を開始する。液晶画面を約12インチと小型にすることで、駅ナカ店舗やオフィス内など施設の中にある店舗など、売場面積が限られた店舗でも設置が可能としている。

まず、11月30日から京成電鉄の駅ナカ店舗「日暮里駅構内店」「京成八千代台駅構内店」、北総鉄道の「千葉ニュータウン中央駅店」に導入し、今後、京成電鉄沿線の店舗に順次拡大するなど、展開店舗を拡大していく方針だ。

なお、ファミリーマートは、2007年から鉄道関連施設への出店を本格化し、現在、鉄道関係15社とともに約490店を展開している。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop