「ドコモ口座」が「ふるさとチョイス」の決済手段として採用(NTTドコモ)

2015年12月3日0:42

NTTドコモは、同社が提供している「ドコモ口座」が、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」において、ふるさと納税の決済手段として採用されたと発表した。2015年12月3日より、「ふるさとチョイス」を通じて、全国の6つの自治体へのふるさと納税に利用いただけるようになる。今後は、利用できる自治体を順次拡大する方針だ。

「ドコモ口座」はドコモの携帯電話やスマートフォン同士での個人間送金に加え、オンラインゲームやネットショッピングでの支払いなどにも利用できるサービスとなる。

従来も、佐賀県などの自治体と「ドコモ口座」を利用してふるさと納税ができる取り組みを実施してきたが、このほど「ドコモ口座」が「ふるさとチョイス」とシステム連携を実施し、より手軽に「ドコモ口座」を利用したふるさと納税が可能となる。

「ドコモ口座」を利用した支払いでは、後払い(翌月の電話料金合算支払)もしくはドコモ口座残高払いのいずれかの方法が選択できる。

なお、同サービスの開始にあわせて、12月3日より、「ドコモ口座×ふるさとチョイス!ふるさと納税スタートキャンペーン」を実施する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop