ホリデーシーズンは現金かカードか(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年12月6日9:00

今年のホリデーシーズンのショッピングに使う決済手段は、現金かカードか。バンクレート(Bankrate)は米国世帯を対象に調査した。

 

結果は、現金が1位で39%、2位がデビットカードで31%、3位がクレジットカードで22%だった。

 

この数字は全世帯を対象にしたもの。年収が最低75,000ドルの世帯ではちょっと違った風景になる。

 

1位はデビットカードで38%、2位はクレジットカードで37%、現金は21%。圧倒的にカードが強い。

 

年収が30,000ドル以下の世帯では、現金が53%だ。デビットカード利用が最も高い年代は18歳から29歳までで48%となっている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop