米国ホテルチェーンで相次ぐカードブリーチ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年12月9日9:00

2015年3月にはマンダリンオリエンタル。4月にはホワイトロッジング。そして10月には、あのドラルド・トランプ氏率いるトランプホテルコレクションがデータブリーチにあったと発表している。

 

さらに11月に入ってからは、スターウッドホテル&リゾート、ついでヒルトンホテルが相次いで被害を発表した。米国のホテルチェーンでは、次々にカード情報がハッキングされている。

 

ヒルトンホテルでは2014年11月18日から12月5日、2015年4月21日から7月27日まで17週間にわたるデータブリーチがあったと報告している。

 

盗まれたデータには、カード保有者の氏名やカード番号、セキュリティコード、有効期間が含まれている。住所や暗証番号は盗まれていない。被害総数は発表していない。

 

大手小売の大量データブリーチのつぎのターゲットは、ホテルチェーン。このままではカードが危ない。カードのトークン化を一刻も早く進めなければならない。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop