国際ブランドプリカで収益拡大(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2010年9月2日9:00

ギフトカードモール運営会社の最大手ブラックホークは、独自のVisaプリペイドカードを発行することになった。

カードのネーミングはペイパワー(PayPower)で、何回でもチャージできるリチャージ型。

銀行口座をもてない人や、もっていない人がメインターゲット。審査が不要で誰でももてるのが魅力だ。

汎用的に使えるカードのほか、旅行に特化したVisaトラベルマネーも発行する。

ギフトカードモールのスターは国際ブランドつきのプリペイドカード。ブラックホークでは、自社発行のカードを扱うことによって、収益拡大を狙う。

ペイパワーはブラックホーク独自のプリペイドカードだが、発行会社はVisaプリンシパルメンバーのメタバンクである。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop