EMV関連特許でトップはMC(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年12月11日9:00

カードの偽造防止のため、米国ではカードと決済端末のEMV化が進んでいる。EMVはVisaやMasterCardなどの国際標準だが、関連特許は色々な会社がもっている。

IPWatchdogによると、EMV関連特許は110件強。そのなかで最も多く特許を保有しているのがMasterCardで25件だった。

 

公共交通機関の支払いを対象とした「複雑な決済取引を簡素化する方法と装置」米国特許9098851。複数の金融口座と連動する多機能EMVカード「コンビカードの取引方法とシステム」米国特許9010631などがある。

 

EMV関連特許でMasterCardについで多かったのが、日本のSMKである。スロバキアのロゴモーション(Logomotion)との提携によって生まれたもので、非接触決済関連の特許(米国特許9098845、9054408)などがある。

 

3位はインテレクチャルベンチャーズ。スマートカードを使ったオンライン決済(米国特許6824064、8538891)などの特許を保有している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop