決済端末一台でオーダーエントリーからCRM、支払いまで可能に(Ingenico)

2015年12月21日9:08

世界屈指の端末メーカーとして、30年に渡り決済市場をリードしてきたIngenico(インジェニコ)は、カード端末機のシステムと統合されたOS「Telium Tetra(テリウム・テトラ)」をグローバルで展開。決済だけではなく、オーダーエントリーからCRMまで店舗はさまざまな機能を活用可能だ。

右からIngenoco ストラテジ&マ-ケティング グローバルセールス プロダクト&ソリューションズ VP ヘッド・オブ・マーケティング Eric TUDOUX、同社 ワイヤレス・プロダクト・マネージャー Sylvain De Sa Costa氏

右からIngenoco ストラテジ&マ-ケティング グローバルセールス プロダクト&ソリューションズ VP ヘッド・オブ・マーケティング Eric TUDOUX、同社 ワイヤレス・プロダクト・マネージャー Sylvain De Sa Costa氏

 

HTML5対応アプリケーションを実行
端末には内蔵のカメラを搭載

OS「Telium Tetra(テリウム・テトラ)」対応の端末はDesk、Lane、Moveの各シリーズがあるが、すでに提供を開始している。「CARTES SECURE Connexions2015」で展示した、新5000シリーズでは、320×480ピクセルのタッチパネルスクリーンを装備。EMVコンタクト(接触)、コンタクトレス(非接触)、磁気による決済に対応。また、WebKitベースのHTML5対応アプリケーションを実行可能だ。さらに、ハードウェアオプションとして、Wi-Fi、Bluetooth接続に加え、新たに内蔵のカメラも搭載された。

Move5000シリーズ

Move5000シリーズ

内蔵カメラも搭載

内蔵カメラも搭載

Telium Tetraでは、加盟店がマーケットプレイスから、クーポン、ロイヤリティ、ポイント・割引、デジタル・マーケティング、レジ機能などを提供可能だ。

「従来は決済用のPOS(Point of Sales)としての利用に限られていましたが、これからはレストランで端末を使ってオーダーができます。端末でメニューを選び、キッチンにデータを送って料理を作ることができます。そして、最後に決済端末で支払いができ、割引やクーポンを適用することも可能です」(Ingenico)

ソシエテ ジェネラルやBNPパリバなどが採用
開発者向けのハッカソンを開催

すでにTelium Tetraでは、加盟店として、カルフール、オーシャン、ウォルマートなど、アクワイアラとして、ソシエテ ジェネラルやBNPパリバなどが採用しているという。

来年にはさらに大きなスクリーンの端末の販売も予定している。同社では「Telium Tetra」対応端末として、世界中で2,700万台を販売していきたいとしている。

なお、Ingenicoでは、イノベーションのための初のハッカソンを開催。参加者は、ショッピングを便利にするためのHTML5アプリケーションの開発を競った。

 

ingenico2

Lane5000シリーズ

この記事の著者

株式会社TIプランニング代表取締役 池谷 貴

株式会社TIプランニング代表取締役 池谷 貴

2009年11月にマーケティング、カード・電子決済、IT・通信サービスなどのコンサルティング、調査レポート・書籍の発行、セミナー運営、ポータルサイト運営などのサービスを手掛ける株式会社TIプランニングを設立。現在は、ポータルサイトとして「payment navi(ペイメントナビ)」「PAYMENT WORLD (ペイメントワールド)」を運営しています。
書籍の発行、執筆や講演など幅広く行っています。 ツイッター/フェイスブック

page toppagetop