米国ホリデーショッピングの目玉は(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年12月24日9:00

今年のホリデーシーズンの贈物に米国民はいくら使う予定なのか。決済プロセッサーのバンティブ(Vantiv)が調査した。

 

平均のギフト予算は600ドル。去年とほぼ同額だ。750ドル以上使うという人は27%。逆に249ドル以下と回答した人は33%いた。

 

ギフトの中身はどうか。複数回答であるが、最も多かったのはギフトカードで2人に1人が購入予定と答えた。米国民のプレゼント慣習にギフトカードが定着している。

 

ついで衣服が45%、書籍が31%、おもちゃが23%とつづく。かわったところでは、タブレットが13%、携帯電話が12%、ウェアラブルが8%。モバイル機器がホリデーシーズンの贈物に名をつらねるようになってきた。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop